ガンプラ製作の記録です。最近少しずつ改造する喜びを覚えました。大したことしてませんが記録に残したくてブログにしてみます。
プロフィール

ぷらっちっく

Author:ぷらっちっく
(ぷらちくでも可。)
小5の時にドラゴンボールの連載が始まったくらいのおっさんです。

ガンプラは今回で3回目のマイブームです。
ブームの火付け役は、タイトルどおりいつもグフでした。

リンクフリー󾭠󾬡󾭠です。
相互にリンク頂ければ嬉しいです~!
( ☆∀☆)

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
雨でスッキリしない天気が続きますね!東京の桜も散りはじめました。
暖かくなったり、急に寒くなったり温度調節が難しいこんな季節は風邪をひきやすいので気をつけたいと思うぷらっちっくです。

年度末のバタバタに伴い更新がかなり空いてしまいました。
ダンボーチャレンジのスタートから2ヶ月近くかかってしまいましたが、何とかマイダンボーが完成しましたのでご報告したいと思います。f(^ ^;

Phantomさんのダンボーかさばる兄さんのダンボーのようにオリジナルな部分も無いし、EBAVOさんのダンボーのような製作スピードも無く、至って凡庸なダンボーですが初めてのフルスクラッチに挑戦し、諦めないで最後まで完成させることが来ました!

では………。

ぐるっと前から



左から



右から



写真が多いので畳みますね!

▼続きはこちら
スポンサーサイト
年度末が近付きモーレツに忙しくなってきました。
(´Д`)ハァ~
年度末だから何でも締めなきゃって!
これって日本独特のものなんですかね?海外でも同じなのかな?
イタリアとかはユルそうだなぁ~なんてどうでもいいことを想像しているぷらっちっくは病んできているのでしょうか?

ダンボーはもうほぼ完成なのですが、あとちょっとだけいじりたいと思います。(年度末までには完成させます!(°Д°)ハッ!!)
あまり外観を大きく変えない方向で左右の腕を触ってゆきます。

まずは左腕に磁石を仕込みたいと思います。
磁石は100均のマグネットクリップに入っているものを使います。

これらから磁石を取り出すのですが、以前リンク先『ガンプラパダワンT』のツヨさんが紹介されていた方法を自分も実践してみました。

ツヨさんの記事はこちら
ダイソーのマグネットクリップから磁石を取り出す

とっても簡単に取り出せるので、是非参考にしてみて下さい。^ ^

▼続きます。
ついに風邪をひいてしまいました!
熱は出ていないので動けるのですが、喉と鼻がヤバイことに……。
しかも花粉症とのダブルパンチ!
首から上が大変なことになっているぷらっちっくです!(×_×)

なのであまり進んでいないのですが、今回は顔や他の部分を作りました。

まずはボールペンで目や口を描きました。
目の部分をピンバイスで穴開けし、棒ヤスリで大きさや形を整えました。

口の部分は形が三角形なので加工が難しくどうしようかなぁ?と悩んでいたところ、リンク先のEBAVOさんへのコメントにn兄さんが降臨され、なんと!皆にやり方を授けてくれたんです。
正に感謝です。m(_ _)m

詳しいやり方は、実際に兄さんのアドバイスを元に同じくダンボーの顔を製作したEBAVOさんのブログを見てみて下さい!
これはわかりやすいし、今後とっても役に立つ方法なのでみんな絶対知ってたほうがイイと思います~。
(°▽°)/ミテミテ~!!

▼続きはこちら!
4月に旧キットのMSVが再販売されたり、夏頃にはHGUCのガンキャノンやガンダムが新しくなって発売されるなどのニュースを聞いて、個人名にワクワクなぷらっちっくです。

今回は首の関節を作りますが、ボールジョイント接続にしたいと思います。
ボールを受ける側のポリキャップがたくさん余っているので、肩の時にも使いたかったのですが、その時はオス側の部品をつくる方法が思い付かず諦めていました。

しかし、先日リンク先「プラモデルはじめました」のPhantomさんが、瞬間接着剤を使ったとっても素晴らしい方法でボールパーツを作成されているのを見て超感激し、是非とも自分でもやってみたいと思い実践してみました。

まずはじめは、余ったポリキャップに( 黒い)瞬間接着剤を注入し、ランナーの切れ端をぶっ挿して固めます。
ポリキャップはランナーPC-123の『L』を使いました。

これはポリキャップは材質がPE(ポリエチレン)なので、瞬間接着剤はくっつかないという特性を生かした素晴らしい方法ですね!
(°Д°)ワンダホー!!

▼続きます。
日曜は2週間ぶりの休みだったのに、あいにくの空模様でスッキリしませんでした。
しかーし、このところプラモ造りに飢えているぷらっちっくには、天気や寒さなぞどうでもよいのだぁ~!
プラモが造れればよかろうなのだぁー!

……。( ̄Д ̄)


では参ります。

先日リンク先のPhantomさんが製作されているスカイダンボーの腰が、クイって可動してるのを見て激しく感銘を受けてしまいました。
( ☆ω☆)クゥ~!!

なので自分もやってみたいと思います。
まずは5mmのプラ棒と余ったポリキャップを準備します。
ポリキャップはランナーPC-123の『 i』を使いました。

プラ棒にポリキャップの軸径と同じ3mmの穴を開けます。

組み合わせて腰パーツに取り付けます。

腰パーツは新たに縦方向の軸を追加し、更に可動時の干渉を減らすべく前後の寸法を当初より小さくしました。

胴体パーツに取り付けて接着してみました。

縦方向の軸は股関節を下側に引き出せるよう、少し長めにしていますが、調整後に余った部分を切り飛ばす予定です。

▼続きます。
検索フォーム
第2回 千葉しぼり展示会
ダンボーチャレンジ2015(春)
初めてのスクラッチ!!(プラ板工作)
やってみたら何とか出来そう!
(°Д°)ンフ~!!
『かざぐるま』をマスターして、あなたもオリジナルダンボーを作ってみませんか?
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。