ガンプラ製作の記録です。最近少しずつ改造する喜びを覚えました。大したことしてませんが記録に残したくてブログにしてみます。
プロフィール

ぷらっちっく

Author:ぷらっちっく
(ぷらちくでも可。)
小5の時にドラゴンボールの連載が始まったくらいのおっさんです。

ガンプラは今回で3回目のマイブームです。
ブームの火付け役は、タイトルどおりいつもグフでした。

リンクフリー󾭠󾬡󾭠です。
相互にリンク頂ければ嬉しいです~!
( ☆∀☆)

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
ひとつ完成するまでは新たに買わないと心に決めていたのですが、その心を打ち崩されたぷらっちっくです。

SDシリーズにビグザムなんて出ていたんですね!知らなかったので思わず買ってしまいました。



陸ジムはスミイレまで終わりました。
あとは少しデカール貼って、トップコートで完成です。
スポンサーサイト
2013/08/31 23:08 購入ブツ TB(0) CM(0)
毎日少しずつでも進めたいのですが、仕事の後はなかなかプラモをいじる気にならないぷらっちっくです。

やっと塗装まで終わりました。
顔のクリアパーツは色が薄く感じたので、内側の部品をシルバーで、クリアパーツをクリアグリーンで塗装しました。

ネットの記事で、サフ後の筆塗装は厳しいとあったので慎重に塗装しました。
筆圧をかけ過ぎると、サフの層に影響しそうな感じでした。

極力薄めて塗装したのですが、何度か重ね塗りしないとサフの色が透けてしまうので、オレンジのところなどは結果的に厚ぼったくなってしまいました。


手足腰頭はセールカラーで塗装したので明る過ぎかと思ったら、下地がグレーのためか予想してたより暗い感じになりました。
オレンジは写真の色を混ぜ混ぜ。
(黄橙色90%、シャインレッド5%、シャアレッド5%くらい)
二度と再現出来ないような気がします。

いつかはエアブラシで塗装してみたいですね!
2013/08/29 00:58 HGUC・改 陸戦型ジム TB(0) CM(0)
ここ数日の雨のせいか、暑さが幾分治まった気がします。
エアコンもフル稼働しなくても平気になってきたぷらっちっくです。

初めてサフというのを吹いてみました。
エアブラシを持っていないので、スプレー缶タイプの物を使用しました。


とりあえずパテを使った部分や塗装に影響しそうなところだけ吹きました。
雑誌やネットなどの記事通り、サフを吹くと段差やキズが分かりやすくなりました。

あとは、武器の合わせ目消しと塗装を行いました。


やっぱり筆塗りは難しいですね!
気付かないところでいつの間にか気泡ができていたりします。
(;´д`)
2013/08/25 19:45 HGUC・改 陸戦型ジム TB(0) CM(0)
ポリエステルパテの匂いが苦手なぷらっちっくです。
長時間あの匂いを嗅いでいると気分が悪くなってしまいます。(;´д`)

プラ板を貼ったりパテ盛りした各部の形を整えました。


面の角度や大きさ、左右の対比など思い通りの形にするのは大変ですね!
当初エポパテで形を作っていたのですが、角が足りなかったり削り過ぎたりで、ポリパテやラッカーパテで補修しなければならず、まだらになってしまいました。



これで陸ジムに必要な改修は終わりました。あとは、共通部分の組立と塗装になります。
サフって吹いたほうが良いんですかね?
今までやったことは無いんですが……。
まだら模様が透けて見えると嫌なので、今回ちょっとチャレンジしてみます。
2013/08/23 19:06 HGUC・改 陸戦型ジム TB(0) CM(0)
最近の東京はシンガポールやインドネシアよりも5℃以上も暑いらしく、熱帯化しているそうです。
暑さも大変ですが、湿気をなんとかしてほしいぷらっちっくです。

陸ジムですが、背中関係に取り掛かりました。
ランドセル両サイドの飛び出た部分の長さを短くし、ディテールパーツを貼り付けました。


また、陸ガンの背中に生えてる突起物を背面とツライチになるまでカットしました。


(両方とも加工前の写真が無いので、これだけ見ても訳がわかんないですよね!)

次はパテ盛りしたところを整えていきます。
2013/08/22 02:50 HGUC・改 陸戦型ジム TB(0) CM(0)
この記事が予約アップされた頃には、多分休みボケで仕事していると思われるぷらっちっくです。

陸ジムの胸部の工作に取り掛かりました。
前胸のパーツを陸ジムか陸ガンどちらを使用するか悩んだ挙げ句、首や肩の関節の現物すり合わせ作業にスキル面で自信が無いので、陸ガンを選択しました。

私のような素人には関節の受け側を、形状だけでなく位置まで合わせて工作するスキルがありません。(>_<)

関節をいじったり、ましてや新たに作ったりされている方々がいらっしゃいますが、私から見たら神ですね!もう創造主様ぁ~て思います。

関節の問題は陸ガンを採用したことでクリアしましたが、外観が陸ジムとは若干異なるため触っていきます。

エッチングノコで不要部分をカット!
もう後戻りはできません。


大丈夫なのコレ?うん!やれるのか?やれるとは言わない!でもやるしかないんだっ!と自問自答しながら進めています。


今回初めてエポキシパテを使いました。
ポリエステルパテやラッカーパテより少し扱い易かったです。
分量が分からず余ってしまったので、使えそうな所に盛ってみました。


このあとちゃんと形が整ってゆくのかなんだか心配です。初めてだし汚なくなってもいいので最後まで完成させたいですね!
2013/08/19 11:17 HGUC・改 陸戦型ジム TB(0) CM(0)
休日の最終日はいつもテンションが下がるぷらっちっくです。

陸ジムですが、足の加工に入りました。これも良く見る工作ですね!
陸ガンのスネをエッチングノコで切断、陸ジムのスネも不要な部分をカットしました。


各々を幅調整しながら合わせました。
スネの下2つの突起は邪魔になるので、一旦カットしました。後でまた接着します。
スネの裏側の開口部をプラ板で塞ぎました。


次は一番厄介そうなボディに取り組みます。
果たして上手くゆくのでしょうか?!
2013/08/18 15:26 HGUC・改 陸戦型ジム TB(0) CM(0)
いつもは1、2週間に1回くらいのペースでのんびり更新しているぷらっちっくですが、休みが長いと更新が捗りますね!
やっと完成したユニコーンです。

背景を黒画用紙にしてみました。

カメラは相変わらずスマホのなので、ダメですが、ブログの画像設定を変えてみました。


トップコート後も強めに触れるとデカールが剥がれてしまう件について、修繕しました。
ネットで色々な記事を参考にさせて頂いたところ、私の場合は長時間デカールを水にさらし過ぎたことにより、糊が薄まって粘着が弱くなってしまったようです。

面倒臭がりなのでデカール3、4枚を一度に水に浸していました。
なので4枚目を貼ろうとした時には、デカールが台紙から離れてプカプカ浮いていたように思います。

四半世紀前頃に作っていたプラモのデカールは、糊も強力で厚みもあったように記憶していたので、同じ様な物だと思っていたのですが、最近の物はかなりデリケートなんですね!勉強になりました。

既にトップコート済みでしたので、このまま強引にトップコートを厚塗りしようか?とも悩んだのですが、汚なくなるのを覚悟してマークセッターを買って、上から塗ってみました。


写真がなくて説明し難いのですが、マークセッターが塗られたデカールの上からデザインナイフでツンツンすると、デカールの透明な部分が、スッ!!と一瞬で下地の色に変わりました。
シルバリング?っていう状態だったようです。

あと、マークセッターを塗ると、デカールが若干ですが軟化するようで、あまりいじくり過ぎると良くないみたいです。
一枚だけダメにしてしまい、貼り直しました。

RG ガンダムも水転写デカールを貼るつもりなので、今回は良い経験になりました。
お盆休みも明日で終わってしまいます。
はぁ~(´Д`) あっという間でした。

本来この休み中に、素組より少し上のレベルに手を出してみたいと思っていたぷらっちっくです。

ユニコーンのスミイレとデカールに予想を上回る時間を費やしてしまい今日に至りました。
残された時間でなんとか次に進みたいと思います。

で、前から挑戦しようと思っていた、HG陸戦型ジムとHGUC陸戦型ガンダムの2体を使ったHGUCベースの陸ジムを作ってみます。

ネットでよく見かけるのと、比較的初級者向け?らしい?のでチャレンジしてみます。

使用するキットは定番?のHGUC陸ガン地上戦セットとHG陸ジムです。
既製品を切り刻んだりするのは貧乏性のためか背徳感があってツライのですがやって行きます。
(本当は早くHGUCの陸ジムを発売してくれれば、こんな勿体ないことしなくて済むのですけど……。 )

まずはフンドシから!
ガンダムではなく、ジムの物を使用。
中の突起物を切断して、フロントアーマーの軸受け溝を作りました。
フンドシ縦方向の長さも3mm程度詰めました。


組立の際、そのままでは腰間接のオス部分とフンドシ内側が干渉するので、雄側を少し削って入るようにしました。
また、フロントアーマー同士も干渉するため、球体の部分を少し削って調整しました。


あとフンドシを短くしたぶん上が開いてしまったので、プラ板を貼りました。
逆に幅が陸ガンの物より小さかったので両サイドに0.3mmのプラ板を貼って幅増ししてます。


で、完成したのがこんな感じです。


この調子で他の箇所もうまくいくと良いのですが……。

ユニコーンのほうはデカール補修してトップコート吹いたので、乾燥したら完成です。
2013/08/17 14:51 HGUC・改 陸戦型ジム TB(0) CM(0)
今日も相変わらず暑かったですが、とりあえずデカールの為に、マークセッターを買いに行ったぷらっちっくです。

ですが……、また……。


い、いつかちゃんと作りたいと思っていますっ!

まづは、目の前のユニコーンから!!
今晩中にデカール補修して、明日には完成だいっ!\(^-^)/
2013/08/16 20:02 購入ブツ TB(0) CM(0)
お盆休みで、ガンプラ作りに専念できるぷらっちっくです。

もういい加減ユニコーンも完成か?と思われたのですが、まだだ!まだ終わらんよ!でした。

デカールが、デカールがまた思いのほか時間がかかりました。


知らぬ間に触って剥げたのを直したり、休み休み行ったので12時間くらい費やしてしまいました。
もうお腹いっぱいです。(-_-)


初めて行うトップコートも終えました。
話には聞いていましたが、成形色の面の質感が塗装されたみたいに!!
(トップコートもクリア塗装だから当たり前なのですが…。初めての経験なので少し感動しました。)


これでデカールも剥がれ難くなったので、いざ組み立てと思ったら!!少し強めに触れると結構な勢いでデカールが剥がれてしまいます。(;´д`)

スマホのカメラでは接写できないので写真はないのですが、どうもデカールの余白が機体からはみ出しているものが、主に剥がれやすいようですね。

マークセッターやソフターの類いを使っていないので、ダメなデカールはそれらを使って張り直したほうが良いのでしょうか?
それとも今回トップコートは薄めに吹いたので、もう少し膜になるくらいしっかりと吹いたほうが良いのかな?

う~ん( ̄^ ̄)悩みます。

剥がれやすいっていうのを一番に考えると、汚くなるのを覚悟しても前者が正解のような気がしますが…。

何事も経験ですね!
東京は最低気温が30℃を超えてしまったそうです。最近は観測史上初と言うのを良く耳にするようになったぷらっちっくです。

さっさと完成させたかったユニコーンですが、スミイレに思いのほか時間がかかりました。



ユニコーンは段差や凹モールドが多いので全部スミイレすると、うるさく感じるかな?と思ったのですが、線を細くするとそうでもなさそうなので、やってみました。

ボディカラーは成形色を生かし塗装をしていないので、スミイレにはガンダムマーカースミ入れ用〈グレー〉極細油性を使いました。
1/144サイズには太く感じる所もあって、拭き取ったり、カリカリと削ったりして、なるべくうるさくならないように努力しました。
なんやかんやで、スミイレだけで7時間くらいかかりました。(>_<)
その割にはなんだか汚い……。(;´д`)



ネットでいろんな方の作例を拝見すると、鮮やかで真直性が優れてて、一体どうやってるのか憧れてしまいますね!
全塗装の方が多いので、恐らくはエナメル塗料にてスミイレされているのだと思われますが、凹モールドみたく幅が一定の箇所はまだしも、段差部分のスミイレは乗せる塗料の量によって、又は距離によって線の幅が均一にならない気がするのですが……。
拭き取りも大変そうだし……。

筆塗装や簡単仕上げのぷらっちっくにとって、エナメル塗料はまだ敷居が高い気がします。
作るペースのほうが遅いのに、また購入してしまったぷらっちっくです。

SDシリーズは品切れになると入手しづらいので、つい……。


このくらいの2頭身サイズが一番親しみがありますね!
最近のは足が長く3頭身近くて、サイズも大きくカッコいいのですが、個人的にはこの頃のSDのほうが好きです。
2013/08/06 08:01 購入ブツ TB(0) CM(0)
今年は梅雨明けしてからしばらく雨が続いたり、スッキリしない日が多かったですが、8月になってようやく夏本番って感じになりました。

ユニコーンガンダムは、ペーパー掛けや部分塗装、組立が終わり、ほぼ完成です。



白がキレイなので、塗装はせずにそのまま成形色を生かしました。
白以外は全て塗装しています。


あとは、スミイレとデカールで完成予定です。
検索フォーム
第2回 千葉しぼり展示会
ダンボーチャレンジ2015(春)
初めてのスクラッチ!!(プラ板工作)
やってみたら何とか出来そう!
(°Д°)ンフ~!!
『かざぐるま』をマスターして、あなたもオリジナルダンボーを作ってみませんか?
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。