ガンプラ製作の記録です。最近少しずつ改造する喜びを覚えました。大したことしてませんが記録に残したくてブログにしてみます。
プロフィール

ぷらっちっく

Author:ぷらっちっく
(ぷらちくでも可。)
小5の時にドラゴンボールの連載が始まったくらいのおっさんです。

ガンプラは今回で3回目のマイブームです。
ブームの火付け役は、タイトルどおりいつもグフでした。

リンクフリー󾭠󾬡󾭠です。
相互にリンク頂ければ嬉しいです~!
( ☆∀☆)

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
都内は今シーズン初の積雪になりました。今日は久しぶりの休みなので、家でゆっくりしながらプラ箱造りにいそしんでるぷらっちっくです。

さて、プラ板の箱組に際し、2回に渡って記事にした直かっくんですが、ここで一旦区切りにしたいと思います。

結論から言うと、 (精度は別として^ ^) 直角に物をセットするという機能には問題はありません。
但し、プラ板の箱組に使用するのは注意が必要です。

というのも…、
前回説明しましたが、接着剤が直かっくんの基準面に付いてしまうという弱点がありました。
しかしその他にもまだ弱点がありました。
それがこちら。

写真が見づらいですが、接合部で段差?スキマ?ができています。
これは、プラ板の切断面が汚いのが理由です。



プラ板の切断面が汚いと、絵にあるとおりスキマが生じてしまいます。
箱組の際に直かっくんを使うと、プラ板の外側が基準になるため、スキマや段差が全部表面に出てしまいます。

なので断面を他の面と水平・直角に均しておくか、またはひと手間増えますが、後でパテや瞬着などで埋めなければなりません。
(これが普通なのかな?でもパテとか使わずに実現出来ればいいのだけど……。(´・ω・`))

もしくは逆方向に面取りしてくっつけるのもいいかもしれません。


一方ブロックを使った箱組の場合は、貼りつけたプラ板に削り代を設けることができ、切断面をそのまま使わなくてもいいので、これに関してあまり気にする必要がありません。(たぶん…。)

遅ればせながら私もやっとブロックを入手したので箱組をしたいと思います。^ ^
かさばる兄さんやphantomさんが紹介されていた、『ナノブロック』を
私も使ってみます~。


『キリンさんが好きです!でもゾウさんのほうがもっーと好きです!』
あれは何のCMでしたっけ?全国区?

長くなりそうなのでたたみます。
続きからどうぞ!
スポンサーサイト
スマホの使用量がまた7GBを超えてしまい、ネットが閲覧しづらい状態です。またパソコンを買おうか悩んでいるぷらっちっくです。

さて、直かっくんの接着が乾いたので、使ってみたいと思います。
せっかくなので何か形になればと思い、四角いキャラを考えてたら、phantomさんが大好きなこれが思い浮かびました。



簡単なマンガにして、さらにまた簡単な図面にしてみました。
ちゃんとした資料がないので、サイズはテキトーです。(^-^;



切り出したプラ板を直かっくんを使って一面ずつ貼ってゆきます。
乾くまで板が倒れないよう粘土で固定してます。



接着剤が固まったら回転させて別の面を基準に、次々貼ってゆきます。



最後に顔を書いてみました。^ ^
まだ未整形ですが、手足など格パーツを作ったらとりあえずひと段落です。
ゆくゆくは関節や可動を勉強するために使いたいと思います。

直かっくんを使っていてひとつわかったことがありました。それは、材質がプラスチックではあまり良くないってことでした。

はみ出した接着剤が、直かっくん側に付着して表面を侵してしまい、基準面として使えなく恐れがあります。

phantomさんが既に作っておられた『スコヤくん』が金属製だったのは、これも一因なのかっ!?
と激しく感動してしまいました。

m(。≧Д≦。)m
日に日に仕事が忙しくなってきて、なかなか休みが取れません。
日曜日なのに仕事って!?

安西先生っ!プラモがしたいですっ!!
。・゜゜(ノД`)

リンク先のEBAVOさんが、プラ板のスクラッチに挑戦されている姿勢に、刺激を受けてしまったぷらっちっくです。

EBAVOさんやn兄さんの記事を参考に、自分でもいろいろやってみて思ったのが、プラ板を組合せて使う時は、位置や角度を合わせるためのガイドが必要だということでした。

そこで、何か手軽にプラ板を直角に置けないかな?と思い、治具というかガイドみたいな物を作ってみたいと思います。

まずは土台?ベース?から!土台と言ってもただのプラ板1枚です。
(今回から写真サイズを少し大きくしてみました。)

私の場合1/144のガンプラが主流なので、ベースのサイズは□60mmくらいにしました。

続いてガイドとなる板を数枚切り出し、接着面をまとめて均しました。

ガイド板はしっかりと固定させるため、1辺に2枚の板を重ねて使います。

次にベースとガイド板を直角に接着するのですが、直角の基準となるブロックが無いので、セメントのビンを基準に使いました。

ビンの底に両面テープを貼ってベースに固定。
ドロドロ系の接着剤をガイド板の下面に塗り、ビンに沿わせて接着しました。この時ガイド板どうし、角を合わせないように少し隙間を設けておきます。

最後に余った切れっ端をガイド板の倒れ防止の控えとして瞬着で固定します。

これで一応底面とガイド板の2面、計3つの面の直角がだせるはずだと思います。たぶん… 。

名付けて『直かっくん』 !!
(phantomさんのドダイくんを真似して名前付けてみました。^ ^)
接着剤が乾いたら、使い物になるかどうか試してみたいと思います。

で………。

作った後に気が付いたんですが……。

これ、ブロック2個あれば簡単にできましたね……。
(;・ω・)
年が明けてからじわじわと徐々に仕事が忙しくなってきました。
なかなかプラモに時間がとれなくてツライぷらっちっくです。(>_<)

今日は新たに相互リンク頂いた方々をご紹介をさせて頂きます。


今日はお家で(ガンプラ作ろう
雨音さんが管理されているガンプラブログです。



昨年11月にプラモ製作デビューされたとのことで、まだ始められてから現在で4体目だというのに作り方や取り組む姿勢が本格的で、光の速さで知識や技能を習得されています。
(鈍足のぷらっちっくは来月あたりに追い抜かれる模様です。)

そんな雨音さんですが、ブログのほうは一転、ほんわか和やかで、読んでてほっこりさせられます。^ ^
今後は中毒者が続出すること間違いありません。w
恥ずかしがり屋さんなので、皆さんからリンクのお誘いしてあげて下さい。
(^-^)/

永野さんデザインのキュベレイとレッドミラージュを作るのが、最終目標だそうです!
o(・`д´・ 。)ガンバ---!!!


n兄さんのプルプル日記
n兄さんが管理されている模型?ブログです。



もう、こちらが紹介するのもおこがましくて、顔から血が火が出そうになりますが、みんなが知ってる兄さんです。

ネットの海でプラモを追いかけてサーフィンしていると、いつも最終的にたどり着く桃源郷です!
プラスチックモデルって何だろう!?っていう気分になります。

大勢の凄腕モデラーさん達が兄さんのいる高みへ近付きたいと目標にし、慕われているのがコメントのやり取りを見ると滲み出ています。

膨大な量が書き込まれるコメントひとつひとつを、漏れなくちゃんと見てくれて、全てに濃密なお返事を返されているのがスゴいとしか言い様がありません。

お忙しいなか、うちの辺境ブログを見に来て頂いて、更にコメントまで頂けるとは…!
(///ω///)



今後ともよろしくお願いいたします~♪(^-^ゞ
2015/01/21 04:14 リンク先のご紹介 TB(0) CM(3)
最近はひとつ完成させると、次に作り始めるまでにズルズルと時間が空いてしまうぷらっちっくです。

素組でも作りたいものはたくさんあるのですが、今回は以前からずっと作ってみたいなぁと思っていたものに取り組みます。

(ビクザムはどうなったってばよ?!)
d(-`ε´-;) シィー...

タイトルにあるとおりザクIのランバラル専用機です。
これを改造って呼んでいいのかどうか分かりませんが、ザクIのノーマルタイプとスナイパータイプを2つ買って併せれば簡単に?実現します。(たぶん)

リンク先『ガンプラブログ雑'LIFE』の【じゅにあさん】をはじめ、ネットで探すと既にたくさんの方々が作られていますね。^ ^

いつか自分でもやってみたいと思っていたので、今回チャレンジしてみます。

一番の難関はやっぱり独特の形をした専用のヒートホークではないでしょうか?
1/100サイズならMGで出てますが、1/144サイズは確かプラモデルキットにはなっていないはず……。
なので何とか頑張って再現してみたいと思います。

まずはどんな形なのかネットで調べたり、お店で眺めたりしてみました。



写真はお店で飾ってた1/100サイズのMGです。
色々眺めたあと、家に帰って絵にしてみました。



こんな時、EBAVOさんならイラストレーターでバシッ!!とカッコよく再現されるんだと思いますが、私は超アナログで手で描きました。(・ω・)



ラフ絵をもとにプラ板を切り出してみました。1.2mmの板を芯に幾つかの厚みの板を積層してみようと思います。



行き当たりばったりですが果たして上手くいくのでしょうか?!
汚くなってもいいので最後まで諦めないで完成させたいです。
(。>д<)
今日は全国的に天気が悪くて寒い1日でしたね!
寒さのピークもまだ来ていませんが、早く暖かくなって欲しいものです。
トップコートが寒さで白化するのを防ぐため、股ぐらで缶を温めているぷらっちっくです。

今日は新たに相互リンク頂いた方をご紹介致します。


EBAVOのエビ反りガンプラ食堂
EBAVOさんが管理されているガンプラブログです。



小学生の頃にガンプラを作って以来、数十年ぶりにガンプラを始められたとのことで、昨年8月よりブログ開設と同時にプラモ製作をされてます。
まだ始められてから半年しか経っていませんが、色々な失敗や経験をされて、レベルアップのスピードが半端ないです。

また、ブログ記事がとっても面白く、読んでて吹き出してしまうことがあるので、電車の中や待合室などで読む時はご注意下さい。
(・∀・)


今後ともよろしくお願いいたします~♪
(^-^ゞ
2015/01/15 21:53 リンク先のご紹介 TB(0) CM(6)
(正月休みが明けてから、更新ペースがガクンと落ちて行ってるぷらっちっくです。

先日ベアッガイIIIの製作途中に部品を破損してしまい、その時に登場したABS樹脂用接着剤について少しまとめたので、別途記事にしてみました。

まずガンプラの素材となっているプラスチックですが、主にPS:スチロール樹脂(ポリスチレン樹脂)が使われています。これに対し、最近(?でもないか)ABS:ABS樹脂が使われているものがあります。

ABSはスチロールに比べて粘りけがあってヘタりが少なく、関節部分などに使われることがあります。
(ダブルオーのフラッグにはポリキャプが無く、可動部分は全てABSで構成されていました。)

ただし、ABSには塗装しづらかったり、通常の接着剤では接着できないといった難点があります。

今まではさほど気にしていませんでしたが、ベアッガイの破損に伴い修理する必要があったので、何かないかなぁと思っていたところ、相互リンク頂いている方々のブログで良いものが紹介されていたので、早速自分も使ってみました。



まずは写真左側のタミヤセメント《ABS用》から。
これは今まで気付きませんでしたが、普通に売っていてすぐに入手できました。通常タイプの接着剤とほぼ同じで少し粘性があって扱い易いです。

この接着剤を使用してベアッガイの足首と膝関節(ピンク色)パーツの合わせ目消しを行いました。パーツ縦方向の中心に分割ラインがあります。



あまり真面目にやってないので上側のパーツには、うっすらと合わせ目が残っていますが、塗装しなくて成形色のままでもこのくらいは消すことができました。
普通に使うぶんには十分だと思います。

ただし、スチロール同士の接着のようにお互いの樹脂が溶解している様子はなく、貼り合わせた時にムニュっと出て来るのは接着剤自身のようでした。強引に力をかけると剥がれてしまいます。
なので可動部分や負荷がかかるような場所には弱く、こちらのタイプはオススメできません。

そのような場所にも対応できる接着剤が写真右側の物になります。
こちらは普通の店には置いてないようで、私はハンズで入手しました。

この接着剤はABSの表層を侵し、貼り合わせると樹脂がムニュっと出てきます。なのでガッチリ接着できます。
剥がせなくなるくらい強力にくっつきますので、恐らく瞬間接着剤よりも強いと思います。
またABS同士だけでなく、スチロールにも接着できます。



上側のグレーのパーツと右下のピンクのパーツがABS樹脂で、左下の水色パーツがスチロール樹脂です。
写真では分かりにくいですが、両方とも溶けた樹脂がムニュってなっています。

しかしながら、この接着剤は塗るのにとっても苦労します。っていうか慣れないと上手く塗れません。(>_<)
というのも接着剤自身がシャバシャバで粘性は無いに等しく、更には恐ろしく揮発性が高いため、あっという間に乾いてしまうんです。
例えるならうすめ液と同じような溶剤です。塗るという感覚ではないですね!

コツとしてはパーツの隙間から流し込み、揮発してしまう前にムニュ!っていう感じです。

付属の注射針みたいなのもありますが扱いづらいので、古くなった筆などに染み込ませて使ったほうが、私は塗布し易かったです。

また、この接着剤が触れた場所は表面が若干変質します。もしも接着ヵ所以外に触れた場合は、乾いたあとヤスリなどで表面を修繕する必要があります。
ですので塗装が終わったものや、完成品の修理には使わないほうが良いと思います。

次に先ほど接着したパーツを各々ヤスってみました。



ヤスリ掛けしてもガッチリ接着されています。

ここではABSとスチロールのみ接着しましたが、PET樹脂やポリカーボネート樹脂にも使えるようです。
逆にポリキャップなどのPE:ポリエチレン樹脂やRGグレードに使われているアドヴァンスドMSジョイントなどのPP:ポリプロピレンには使えないようです。

この接着剤はリンク先の『GUNPLANNER LABORATORY』の管理人『ガンプランナー』様に教て頂きました。

なのでこちらの記事『ガンプラ ABS接着問題、アクリサンデー で終に決着?!』を読んで頂くと分かりやすいと思います。
2015/01/14 01:35 工具・道具類 TB(0) CM(7)
長かった冬休みもついに終わってしまい、今日から仕事が始まりました。
今日は何だかアイドリング状態で1日が終わったぷらっちっくです。

せっかくの長い休みだったのに、ベアッガイ1体だけしか完成しませんでした。

今回は成形色を生かしたかったので、ゲート処理だけ丁寧にしましたが、ヒケなどの表面処理は手抜きしてトップコートでごまかしました。(^-^;)
あと合わせ目消しは、あまり気にせず消せるところだけやってます。



胸と肩のピンク色のみ部分塗装しました。胸のマークはシールでロゴの部分だけ切り抜いて使っています。



背中はノーマルのベアッガイ3と比べて看板のみなので、少しさみしいです。



パッと見ではガンプラとは思えないですね!
以下はブンドド写真です。アプリで少しデコってます。







次は普通のを作りたいと思います。
お正月は普段あまり見れない、ベテラン芸人さんや上方で活躍されてる芸人さんの漫才が見られるのが嬉しいですね!

『ザ・ぼんち』の有名な”おさむちゃんです!”を溜めに溜めてる姿に、転げ回って爆笑したぷらっちっくです。
とても60歳を過ぎているとは思えないほどのパワーを感じました。

さてベアッガイですが、完成か?と思いきや、まだ終わりませんでした。

前回タミヤのABS専用接着剤にて補修した部品ですが、硬化したかどうか強めに引っ張ったところ、あっさり取れてしまいました。
(T_T)
普通に使うぶんには十分いけると思いますが、今回は接着面積が極少だったためか、さすがに持ちませんでした。

そんな時、先日リンク頂いたガンプランナーさんのブログ『ブライト・ノアの航海日誌』で、とんでもない記事を見つけてしまいました。

ガンプラ ABS接着問題、終に決着?!・・・アクリサンデー編

ガンプランナーさんのブログトップページから、カテゴリー『 ABS接着』の記事を全部読んでもらうと、一連の流れがスゴくよくわかります。

私も早速買いに行こうと思ったのですが、記事にあるとおり普通の場所には売っていないようでした。
しかしあの店なら!と僅かな希望を抱き、チャリンコをすっ飛ばすこと10分。池袋の東急ハンズでゲットしました。
(σ゜∀゜)σゲッツ!!

ハンズは定価販売だったので高いけどしょうがないですね。価格は税別610円だったと思います。



塗るのに少しコツがいりますが、やってみた結果!スゴく強固に接着されました。
┗(´・ω・`)(⌒)┛ カッチカチヤゾ!!ゾックゾクスルヤロ!!

ここではあまり詳しく書きませんが、色々試してまた別途記事にしてみたいと思います。
とりあえずこの接着剤については、ガンプランナーさんのブログ記事を読んでみて下さい。^ ^

後は、左胸と肩の上部がシールになっていたのですが、うまく貼れそうになかったので、部分塗装することにしました。



下地が濃い色なので、マスキングして缶サフを。
続いてピンク色を、何を思ったのかエナメル塗料で塗装しました。



エナメルの調色は以前盛大に失敗した例があったのですが、今回は2色のみの調色だったので、チャレンジしてみました。
塗膜が半端なく厚くなってしまいましたが、色は成形色に近付けられたと思います。
年が明けてからというもの、風が強いせいもあるのか、何だか寒さが一段と厳しくなった様に思います。
正月休みを絶賛満喫中のぷらっちっくです。

今日は新たに相互リンク頂いた方をご紹介致します。


ブライト・ノアの航海日誌 ガンダムが好き!だからガンプラ作る
ガンプランナーさんが管理されているガンプラブログです。



FC2アプリのブログトピックスにも時々ピックアップされる程メジャーな方です。
昨年末に相互リンクの募集をされていたのでお声掛けさせて頂きました。

製作されている作品が素晴らしいのは言うまでもありませんが、他にも製作記事をはじめ、改造や工具・道具など情報が盛りだくさんです。

私も早速情報を活用させて頂きました。^ ^


今後ともよろしくお願いいたします~♪
(^-^ゞ
2015/01/02 13:28 リンク先のご紹介 TB(0) CM(2)
2015年が明けました。

2015年と言えば今テレビCMでもやってますが、1989年公開の映画『バックトゥザフューチャー2 』の中で、主人公がタイムスリップした未来と同じ年です。

劇中では車やスケボーが中に浮いてましたが、現実はまだそこまでには至っていません。

……………………………。

(*´ー`*)

………………。


そんなことより………。

映画の公開から既に25年も経過しているんですっ!
(。>д<)1/4センチュリーッ!!


明けましておめでとうございます。
時が経つのはあっという間ですね。まさに光陰矢の如し!
正月からいきなり感傷に浸ってしまったぷらっちっくです。

今日は赤坂の豊川稲荷に初詣に行ってきました。



赤坂御用地に隣接してるので、警備の警察官が沢山いてなんだか普通の神社と違う感じ……。



夕方なのにまだスゴい人混みでした。
本殿にはカランカラン鳴らす鐘が無く、やっぱり何か神社って感じがしないなぁと思ったら、極めつけにお経が聞こえてきました。
……(´・ω・`)?

その場でネットで調べてみたら、愛知県にある豊川稲荷の関東別院にあたり、稲荷とありますが神社ではなく寺院でした。

確かに鐘もなければほとんどの参拝者は、柏手も打っていませんでした。

まっ!何でもいいんですけどね!

皆さんも今年一年、幸多き年になりますように!
(^-^)/
2015/01/01 22:32 雑記 TB(0) CM(2)
検索フォーム
第2回 千葉しぼり展示会
ダンボーチャレンジ2015(春)
初めてのスクラッチ!!(プラ板工作)
やってみたら何とか出来そう!
(°Д°)ンフ~!!
『かざぐるま』をマスターして、あなたもオリジナルダンボーを作ってみませんか?
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。