ガンプラ製作の記録です。最近少しずつ改造する喜びを覚えました。大したことしてませんが記録に残したくてブログにしてみます。
プロフィール

ぷらっちっく

Author:ぷらっちっく
(ぷらちくでも可。)
小5の時にドラゴンボールの連載が始まったくらいのおっさんです。

ガンプラは今回で3回目のマイブームです。
ブームの火付け役は、タイトルどおりいつもグフでした。

リンクフリー󾭠󾬡󾭠です。
相互にリンク頂ければ嬉しいです~!
( ☆∀☆)

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
(正月休みが明けてから、更新ペースがガクンと落ちて行ってるぷらっちっくです。

先日ベアッガイIIIの製作途中に部品を破損してしまい、その時に登場したABS樹脂用接着剤について少しまとめたので、別途記事にしてみました。

まずガンプラの素材となっているプラスチックですが、主にPS:スチロール樹脂(ポリスチレン樹脂)が使われています。これに対し、最近(?でもないか)ABS:ABS樹脂が使われているものがあります。

ABSはスチロールに比べて粘りけがあってヘタりが少なく、関節部分などに使われることがあります。
(ダブルオーのフラッグにはポリキャプが無く、可動部分は全てABSで構成されていました。)

ただし、ABSには塗装しづらかったり、通常の接着剤では接着できないといった難点があります。

今まではさほど気にしていませんでしたが、ベアッガイの破損に伴い修理する必要があったので、何かないかなぁと思っていたところ、相互リンク頂いている方々のブログで良いものが紹介されていたので、早速自分も使ってみました。



まずは写真左側のタミヤセメント《ABS用》から。
これは今まで気付きませんでしたが、普通に売っていてすぐに入手できました。通常タイプの接着剤とほぼ同じで少し粘性があって扱い易いです。

この接着剤を使用してベアッガイの足首と膝関節(ピンク色)パーツの合わせ目消しを行いました。パーツ縦方向の中心に分割ラインがあります。



あまり真面目にやってないので上側のパーツには、うっすらと合わせ目が残っていますが、塗装しなくて成形色のままでもこのくらいは消すことができました。
普通に使うぶんには十分だと思います。

ただし、スチロール同士の接着のようにお互いの樹脂が溶解している様子はなく、貼り合わせた時にムニュっと出て来るのは接着剤自身のようでした。強引に力をかけると剥がれてしまいます。
なので可動部分や負荷がかかるような場所には弱く、こちらのタイプはオススメできません。

そのような場所にも対応できる接着剤が写真右側の物になります。
こちらは普通の店には置いてないようで、私はハンズで入手しました。

この接着剤はABSの表層を侵し、貼り合わせると樹脂がムニュっと出てきます。なのでガッチリ接着できます。
剥がせなくなるくらい強力にくっつきますので、恐らく瞬間接着剤よりも強いと思います。
またABS同士だけでなく、スチロールにも接着できます。



上側のグレーのパーツと右下のピンクのパーツがABS樹脂で、左下の水色パーツがスチロール樹脂です。
写真では分かりにくいですが、両方とも溶けた樹脂がムニュってなっています。

しかしながら、この接着剤は塗るのにとっても苦労します。っていうか慣れないと上手く塗れません。(>_<)
というのも接着剤自身がシャバシャバで粘性は無いに等しく、更には恐ろしく揮発性が高いため、あっという間に乾いてしまうんです。
例えるならうすめ液と同じような溶剤です。塗るという感覚ではないですね!

コツとしてはパーツの隙間から流し込み、揮発してしまう前にムニュ!っていう感じです。

付属の注射針みたいなのもありますが扱いづらいので、古くなった筆などに染み込ませて使ったほうが、私は塗布し易かったです。

また、この接着剤が触れた場所は表面が若干変質します。もしも接着ヵ所以外に触れた場合は、乾いたあとヤスリなどで表面を修繕する必要があります。
ですので塗装が終わったものや、完成品の修理には使わないほうが良いと思います。

次に先ほど接着したパーツを各々ヤスってみました。



ヤスリ掛けしてもガッチリ接着されています。

ここではABSとスチロールのみ接着しましたが、PET樹脂やポリカーボネート樹脂にも使えるようです。
逆にポリキャップなどのPE:ポリエチレン樹脂やRGグレードに使われているアドヴァンスドMSジョイントなどのPP:ポリプロピレンには使えないようです。

この接着剤はリンク先の『GUNPLANNER LABORATORY』の管理人『ガンプランナー』様に教て頂きました。

なのでこちらの記事『ガンプラ ABS接着問題、アクリサンデー で終に決着?!』を読んで頂くと分かりやすいと思います。
2015/01/14 01:35 工具・道具類 TB(0) CM(7)
コメント
参考になる記事でしたー!
ABSの接着が必要な時ってまだないんですけど
関節パーツが壊れた時の補修なんですねー
ハンズで手に入るんですねー、覚えておこう
アクリサンデーですね?
ありがとうございますー!
2015/01/14 09:39 phantom URL [ 編集 ]
どもどもー!
とても興味深い記事ありがとうございます。

そろそろあっしも素材の質を意識しながら取り組んでいこうかなぁとおもってまして、記事内のタミヤABS接着剤を買ったところでございます。

というもの、MGジムのフレームパーツがABSだったんで、とりあえず接着剤を買ってみたのですが、必要なのかどうかはいまのところわかんないですw

ABSは塗装が難航する、なんてことも良く言われていますが、実際どうなんでしょうね。
問題ないという人もいますし、まだまだ勉強が必要です!

ではでは、失礼します~。
2015/01/14 14:09 EBAVO URL [ 編集 ]
コメントありがとうございます~。
Phantom 様

瞬間接着剤でも事足りるかもしれないのですが、この接着剤で接着したところは、多少の荷重や衝撃がかかっても全然へーきな感じです。
なので関節や軸の補修にオススメです。^ ^


EBAVO 様

塗装するのが前提なら、瞬着パテで合わせ目消しをするのが手っ取り早いかもしれませんね!乾燥も早いですし。
無塗装で合わせ目消したい場合は、タミヤの接着剤がいいかな?と思います。

アクリサンデーは鬼速で乾燥しちゃうし、浸した所を侵してしまうので、合わせ目消しには逆に向かないと思います。

ABSの塗装は私もまだまだ勉強不足であまり詳しくないのですが、今のところ塗装で破損するようなことはありませんでした。筆塗りしかやってないので、エアブラシほど薄め液を使わないからかな?と勝手に思ってます。(^_^;)
間違ってたらごめんなさいm(_ _)m
2015/01/14 18:19 ぷらっちっく URL [ 編集 ]
これはわかりやすい!
悩んでいたことが解決しました。
こうして試験をしていただくと、わかりやすいですねー!
Absは扱いに悩みますが、
この接着剤、買ってみようと思います!
2015/01/14 19:01 ト・マス URL [ 編集 ]
ト・ マス様
コメントありがとうございます~。

面積が小さくても強力に溶着するので、関節や可動の改造が得意なト・マスさんなら利用価値が高いかもしれませんね!^ ^

ネットなら入手しやすいと思います。
2015/01/14 19:59 ぷらっちっく URL [ 編集 ]
はじめまして。
ご訪問ありがとうございました。

アクリルサンデーはホームセンターとかのアクリルパネルとか塩ビ波板とか売っているコーナーにも置いてありますよ。

全国的にはどうかわかりませんが、ウチの近所のホムセンには置いてありました。

ご参考までに~(^^)/
2015/01/22 20:01 ss standman URL [ 編集 ]
ss standman 様
コメント&情報ありがとうございます~!

( ゜ロ゜)ナルホドー
ホムセンターなら、いろいろな種類の接着剤を取り扱ってそうですし、お値段も定価よりは安そうですよね!

でも東京都内にはホームセンターが極端に少なくて困りものなんです~。土地代が高いからなんでしょうかね?
(´;ω;`)
2015/01/23 08:42 ぷらっちっく URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://itsumogouf.blog.fc2.com/tb.php/125-ed743e38
検索フォーム
第2回 千葉しぼり展示会
ダンボーチャレンジ2015(春)
初めてのスクラッチ!!(プラ板工作)
やってみたら何とか出来そう!
(°Д°)ンフ~!!
『かざぐるま』をマスターして、あなたもオリジナルダンボーを作ってみませんか?
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。