ガンプラ製作の記録です。最近少しずつ改造する喜びを覚えました。大したことしてませんが記録に残したくてブログにしてみます。
プロフィール

ぷらっちっく

Author:ぷらっちっく
(ぷらちくでも可。)
小5の時にドラゴンボールの連載が始まったくらいのおっさんです。

ガンプラは今回で3回目のマイブームです。
ブームの火付け役は、タイトルどおりいつもグフでした。

リンクフリー󾭠󾬡󾭠です。
相互にリンク頂ければ嬉しいです~!
( ☆∀☆)

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
お盆休みが明けておよそ1週間が経ち、ようやく仕事にエンジンがかかってきたぷらっちっくです。

停滞していたガンプラも少しずつエンジンがかかってきました。(^-^;

旧ザクですが……。
本来ならスジボリを入れて塗装して完成の予定でしたが、足の可動が気になりはじめ、可動範囲を広げるにはどうすれば……と、色々考えてたら悩み過ぎて手が止まっていました。

考えてばかりでも仕方がないので、とりあえず出来るところから進めて行きます。

まずは足の付け根から……。

このキットは足の付け根がボールジョイント接続になっているのですが、それ故に可動範囲があまり広くありません。
(素立ちで飾る分には全く問題ありません!)


※ 写真は以前作ったスナイパーザク:ヨンム=カークス機

前後の可動は問題なく、開脚もそこそこできますが、ロールがあまりできません。
なので接続方法を換えてみたいと思います。

続きはこちら▼


まずは、ボールジョイントを辞めて普通の軸接続とし、更にはロールも出来るように一軸追加してみようと思います。
イメージとしてはHGオリジンザクみたいな感じです。^^

関節には余っていたジムの肩関節を使いました。
(;・∀・)ジムカーナ事務方 ⇒ ジム肩



邪魔な部分を削ったり切り取ります。



その後底面に穴を開けて3mmランナーを挿して接着し、ロール用の軸とします。

次にこの関節をフトモモパーツに仕込んでゆきます。



内部のダボや可動に支障しそうな部分を切り飛ばしました。

で、関節パーツを色々仮置きしてみたり試したのですが、フトモモパーツが丸っこくてやりにくいし、軸の位置をどこに持ってくればいいか分からずま~た悩んでしまいました。



そこで作業性を良くするため、更にパーツを分割してみました。
この辺りからだいぶ迷走しはじめてます。ww
。・゜゜(ノД`)アウー

ロール軸受け用のポリキャップを仮置きしてみました。



位置決めはかなりしやすくなったけど……。カットした面からはみ出してるし、縦・横・高さどこを基準にポリキャップを設置すればよいのか決められず、更に悩むことに!

そこでもう強引に基準を決めてみました。 縦横位置はフトモモパーツの中心とし、高さは左右の足でちゃんと対称になるか不安でしたが、分割したフトモモパーツの切断面としました。



厚さ1mmのプラ板に3mmの穴を開けて、ポリキャップを瞬着と魔法の粉で無理矢理固定しました。
ポリキャップは少し厚みを薄くし、組み込んだ際干渉しないよう調整してます。

これをフトモモパーツに貼り合わせました。



余分なプラ板を切り飛ばし、ある程度整形したら、関節パーツを取り付けてみました。



次に残りのパーツを取り付けて行くのですが、フトモモに1枚プラ板を噛ませたので、そのぶん高さ調整のため1mmカットします。



その後形を整えて接着。



更にプラ板を貼って整形。



とりあえず足は完成しました。
これで少しはロールが可能になるので、がに股や内股もできるし、サイドアーマーがなければ、開脚幅もかなり広がるはず………です。
(股軸のほうがまだ出来上がってないけど………。)


今まで切ったり貼ったり、盛ったり削ったり、少しずつ改造することを覚えてきましたが、今回みたいに軸を作り代えたり関節を追加する作業は、既存のキットでは初めての経験でした。

もちろん以前ダンボーを自作した時には関節を作ったりしましたが、その時は何の制約もなかったのであまり難しいと感じませんでした。
でも今回は既存のキットということで、既に外形や寸法などが固定されてるものに対して、軸や関節などの加工を施すことがこんなに大変な作業なのかっ!と思い知らされました!
(。>д<)ヒィーッ!!

よく色んなブログで『関節を作り替えました~。』ってサラッと書かれてる方々がいらっしゃいますが、自分でやってみて、改めてみんなスゴい人達だと思いました!

リンク頂いてるREN_Wさんやエス・ケーさんなんて、ゴリゴリに関節を弄られてるので、もうどんだけぇ~!って感じで尊敬してしまいますね。
(≧▽≦)先生ト呼バセテクダサイッ!!
コメント
ぷらっちっくさん、こんばんは!
いつもながら精度のある改造とわかりやすい写真がお見事です。
これで股間軸の横ロールが見事に追加されましたね^^

ホント、既存のキットの関節可動はクリアランスとの戦いですよね^^
この先も期待してます!

2015/08/22 22:07 かさばる兄さん(かさ兄) URL [ 編集 ]
わてもそうそうやらない加工です。
失敗をしそうなので・・・。
でもかさ兄さんの言うとおりでわかりやすいので
チャレンジしたいとこですね。
2015/08/22 23:57 しばいつん URL [ 編集 ]
相変わらず丁寧に工作に取り組んでいる写真を拝見してて
惚れちゃいますねーw
ほんと真摯に取り組まれてるなぁって思うです
最初の方の迷走されている感が伝わってきて
え、大丈夫なん?って心配にさせておいて、
かーらーのー
最後の写真で、ブラボー!おおー!ブラボー!(ポルナレフ)ですよー!w
2015/08/23 09:24 phantom URL [ 編集 ]
かさばる兄さん、こんにちはー!

コメントありがとうございます~!
何とか形にはなりましたが、やっぱり自分は関節を弄るのが苦手みたいです!今回やってみて思ってた以上に大変だな~と感じました。(×_×;

旧キットを改造されてる方々は、当たり前のように関節を仕込まれたりしていますが、ホントスゴいことだなと思いますね!

かさばる兄さんも今ヘイズルのSD化に挑戦されておられますが、その大変さが今の自分には分かります!
ディフォルメ化に伴って各所寸法をつめていくので、可動のクリアランス確保は通常よりも更に難易度が上がりますよね!

もう少し出来るようになったら、HG→SD化にも挑戦してみたいと思います。

------------
しばいつんさん、こんにちはー!

コメントありがとうございます~!
最近のオリジンザクやリヴァイブガンキャノンには、フトモモのロール機構がはじめから付加されてるので、その有難みが今回分かりましたね!ww

なのではじめからオリジンザクを使えばよかった……。
(。>д<)ソ,ソレハ…

でもいつか旧キットをカッコよく作りたいなぁと思ってて、今回いろいろ自分で経験できたのがよかったです~。^-^

-----------------
Phantomさん、こんにちはー!

コメントありがとうございます~!
いやぁ~今回リアルではかなり迷走してました。ww
(;・ω・)ドウシヨウ……。
なので製作記事もなかなか書くことができませんでした。

でも今年の自分のテーマは『諦めない2015』なので頑張りました。w
(;゜∀゜)諦メナイデッ!!(←真矢みき風)

でもまだ足しかできてないので、股の関節やサイドアーマーなど全体が出来あがって組んでみないと、まだ何とも……って感じで安心できないですね!
うまくいくと良いのですが………。
2015/08/23 14:14 ぷらっちっく URL [ 編集 ]
こんにちわ!
おおっ!スナイパーザクかっこいい!

関節はわたしも一度も弄ったことがないですね。
確かに、当たり前のようにできる人たちは凄いですよね!
ってか、ぷらっちっくさんも凄いですよ!
ちゃんと完成させてるし!!
次の記事も楽しみです!!
お体気を付けてくださいね(>_<)
2015/08/24 16:57 lost one URL [ 編集 ]
ここの改造もやるべきだと解っていても中々手が出ない部分
ジムの肩を使うアイデア良いですね! いつか参考にして挑戦してみたいです
2015/08/24 21:17 ガンプランナー URL [ 編集 ]
Lost oneさん、こんばんは~!

コメントありがとうございます!
このスナザクはガンプラを作りはじめて6体目くらいの物で、合わせ目消しと塗装だけのストレート組みです。
この頃はフラットベースやトップコートの存在もまだ知りませんでしたが、充分楽しみながら作ってた記憶があります。(^-^)

関節弄りは私も初めてで難しく感じましたが、なんとか形になると楽しくなってくるので、Lost oneさんも是非チャレンジしてみて下さい!
(*^▽^)/♪
MGとかは大きくて大変なので、HGとかならやり易いかな?と思います~。

------------
ガンプランナーさん、こんばんは~!

コメントありがとうございます!
そうなんですよね!
初めてやる工作でもあったので、自分もなかなか覚悟が必用でした。
(。>д<)ウーッ!!

ジムの肩パーツはちょうど余ってたので助かりました。ww
サイズも小さくてフトモモに入れ込むのに丁度いいサイズでした。^^
2015/08/25 00:32 ぷらっちっく URL [ 編集 ]
こんばんは。
HGUC旧ザクベースのこのキット、今の時代からすると
可動などにやや難がある所を見事にクリアーされていて、
それも、見た事の無い新しいやり方ですごく参考になりましたw

ブログではサクッと出来ているように見えますが、これって
結構時間かかる作業ですか?、ですよね、多分?w

見てたらザクスナイパー欲しくなってきましたw
明日にでも近所のJOSHIN覗いてきます♪
2015/08/25 00:43 10ku1 (tokuwan) URL [ 編集 ]
10ku1さん、こんばんは!

コメントありがとうございます!
古いザク2に比べると旧ザクは腕や腰の可動がかなり向上してると思いますが、最近のオリジンザクと比べてしまうとやはり劣ってしまいますよね!

やり始めてしまえば作業自体は、そんなに時間は掛からないと思います。
私の場合は、始める前の重い腰を上げる作業にかなり時間を費やしてしまいました。ww
(´д`|||)コ, 腰ガ……

あとスナイパーザクですが、値段はそんなに変わらない筈なので、ゲーム(戦場の絆)版ではなくUC版のほうをおすすめします!
ご存知かもですが若干仕様が異なり、UC版のほうがパーツが多くショルダーアーマーなどパーツが余るのでオススメです~!
(°▽°)ノ
2015/08/25 02:08 ぷらっちっく URL [ 編集 ]
ちょっと質問。
サフってラッカー系ですよね。
その上から筆で塗装するとき水性かアクリル系で
塗ってますか?
ラッカー系サフの上からラッカー系塗料だと侵食しません?

10ku1さんではないけどここでこの記事見てると
ほんとザクⅠスナイパー欲しくなるね。
私はどちらのバージョンも作ったことあるけど
確かにUC版の方がお得だね。
私は足首だけザクⅡF2の足首取り付けたけど。
割とすんなり取り付けられますよ。
私的にはオリジン版でラルザク、スナイパー、トップザク
あたり作りたいんですよね。
朝っぱらからすいませんでした。
2015/08/25 08:07 しばいつん URL [ 編集 ]
しばいつんさん、こんにちはー!

コメントありがとうございます!
おっしゃるとおり、サフはラッカーのスプレー缶を塗料はラッカーを筆で塗ってます。なので正直侵食しちゃいます。ww
ムラが出ないよう結構希釈して塗装するので、余計に侵食され易く神経を遣いますね!あまり筆圧をかけないようにサッサッと塗るようにしてます。
希釈してサッと塗るため、一度塗っただけでは下地がスケスケなので、明るい色を塗る場合は3回くらい重ね塗りしてます!
( ノД`)…エアブラシ欲スィ~ッ!!)

しばいつんさんは既にオリジンザクを使って、旧ザクに改造されてるからスゴいですよ!
ラルザクやスナイパーは胸の意匠だけなんとかすれば、しばいつんさんなら直ぐに実現できると思います!
(*^▽^)/
2015/08/25 15:06 ぷらっちっく URL [ 編集 ]
こんばんは!
いいやあ、お名前出していただいて光栄ですが、
めっちゃ綺麗じゃないですか!
私の作業に比べてもう、全然丁寧に仕上げられていて、
ま、まぶしいっす。

ちなみに私は旧キットじゃないと怖くて改造できない人です。
思い切って切り刻めるので。



2015/08/25 23:28 REN_W URL [ 編集 ]
REN_Wさん、こんにちはー!

コメントありがとうございます~!
こちらこそお褒め頂き恐縮です。
失敗したらどうしよう……と思ってなかなか関節を触ることはなかったのですが、今回やってみてスゴく勉強になりました!

最新の高いキットやMGなどではやっぱり躊躇しちゃいますよね!w
私もいつかREN_Wさんみたいに旧キットをカッコよく作れるようになりたいです!
(^o^ゞ
2015/08/26 16:19 ぷらっちっく URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://itsumogouf.blog.fc2.com/tb.php/157-c4c1a577
検索フォーム
第2回 千葉しぼり展示会
ダンボーチャレンジ2015(春)
初めてのスクラッチ!!(プラ板工作)
やってみたら何とか出来そう!
(°Д°)ンフ~!!
『かざぐるま』をマスターして、あなたもオリジナルダンボーを作ってみませんか?
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。